×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吉本興業のお笑い芸人

吉本興業には、お笑い芸人というより、お騒がせ芸人として有名になった人もいます。最近人気のある、吉本興業のお笑い芸人といえば、ご存じレイザーラモンHG。「日本で最も露出の多いテレビスター」として、1999年ギネス世界記録に認定されています。 まずは、国民的好感度NO1を記録したの明石家さんま。
笑福亭仁鶴の弟弟子である、笑福亭鶴瓶も評価の高い芸人です。吉本興業のお笑い芸人といえば、だれを思い浮かべるでしょうか。
吉本興業の大御所お笑い芸人といえば、桂三枝、西川きよし、笑福亭仁鶴、坂田利夫。……こちらは物騒な事件ではなく、お笑い芸人による立派なライブの名称です。山本圭一は吉本興業を解雇されて、もうほとんど社会から抹殺されています。
「新宿南口連続殺人事件」に参加した、次長課長、ダイノジ、タカアンドトシ、ライセンス、POISON GIRL BAND(ポイズンガールバンド)。数々の放送演芸大賞を受賞したお笑い芸人です。レイザーラモンHGは、住谷正樹のゲイキャラですが、鈴木杏奈との結婚でほほえましい話題を振りまいています。

お笑い芸人といえば吉本興業。

お笑い芸人といえば吉本興業。 西川きよしのような、吉本興業出身で国会議員を務めたお笑い芸人もいます。
桂三枝、明石家さんま、島田紳助、オール阪神・巨人、今いくよ・くるよ、ザ・ぼんち、ダウンタウン、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、レイザーラモン、南海キャンディーズ……古い世代から新しい世代まで、吉本興業には人気芸人が多数そろっています。 漫才ブームで一世を風靡したB&Bも、吉本興業に所属。
吉本興業は、無名から大物まで、お笑い界の人気芸人を多数かかえる日本最大の芸能プロダクション。
人気お笑い芸人の所属事務所は、吉本興業だけにとどまりません。明石家さんま、タモリ、ビートたけしは、日本の3大お笑い芸人といわれますが、それぞれ事務所は異なります。

男前でないお笑い芸人

吉本興業の情報誌「マンスリーよしもと」の2006年ブサイクランキングによると、南海キャンディーズの山里亮太(28)がトップ。ペナルティのワッキー(34)が2位、カリカの家城啓之(30)が3位。
お笑い芸人は、男前でないこともお笑いのネタになります。 130Rのほんこん、フットボールアワーの岩尾望は、すでに、男前でない(ブサイク)お笑い芸人の殿堂入りです。
ブサイクも芸のうちと思えるほど、愛嬌ある顔が……常連さんもいっぱい。そこをカバーし、お笑いで売るところが本当の芸人。
男前でないといえば、聞こえはいいものの、これをブサイクといってしまっては、身もふたもない。 さて、男前でないお笑い芸人といったら、だれを思い浮かべるでしょうか。

Copyright © 2007 吉本興業のお笑い芸人.com